イチから始める家探し

街選びから物件選びまで、イチからはじめる家探し奮戦記

将来の値上がりエリアを探せ!その4 - 千代田線の始発駅、という贅沢な条件がかなう「北綾瀬駅」

f:id:chromebook:20160629195201j:plain

将来の値上がりエリアを探せ!第四弾

いまはまだ買える価格、だけど今後はきっと値上がり間違いナシ!という街を独断と偏見でオススメする企画第四弾、今回は「北綾瀬駅」を取り上げてみました。

将来の値上がりエリアを探せ!その1 - いまお買い得感がハンパない「柏の葉キャンパス駅」

将来の値上がりエリアを探せ!その2 - 駅直結の大規模再開発、都心へのアクセスも良い「武蔵浦和駅」

将来の値上がりエリアを探せ!その3 - 都心直結化で相鉄線の【看板駅】へ - 「二俣川駅」

北綾瀬駅がまもなく千代田線直通化

そうなんです。これまで北綾瀬駅は、綾瀬駅からの支線として運用されており、綾瀬駅で乗り換えが必要でした。それがついに、2018年をめどに直通化されることになっており、すでに工事も始まっています。

北綾瀬駅を10両対応へ延伸工事、代々木上原に直通|日経コンストラクション

東京都内、しかも23区内の駅近物件が、まだ買える価格で残っているという地域です。そして直通化で千代田線の始発駅になるんです。北綾瀬駅には注目せざるを得ないわけです。

千代田線の始発駅、が意味するところ

まず千代田線の便利さは言わずもがなですよね。北綾瀬方面から行くと、東京の北東の一大ターミナル駅、北千住駅を経由して、東京のまさに中枢であり、丸の内も近い大手町に通じます。

そのあとは銀座至近の日比谷を通って赤坂へ。さらに西に進んで表参道、代々木上原で小田急線に直通します。丸の内>銀座>表参道と、東京の文化の中心をまさに一気通貫する路線ですね。通勤だけでなく、週末の文化活動が充実しそうな、東京を満喫できるルートです。

北千住もまたいい街ですよね。昔ながらの宿場町の風情が残っていて、街歩きが楽しいです。それから、隣の綾瀬駅も買い物に便利な街。それから、北綾瀬駅のすぐ西側にはつくばエキスプレスが走っています。六町駅、青井駅が近いので、北綾瀬駅の西側の地域を選べば、両方の路線を利用できそう。

チェックすべきポイント

北綾瀬駅は新設駅ではないので、新しくてきれいな街並みは期待できません。つまり、小学校までの徒歩ルートに歩道が完備されていない可能性が高いです。ここはニュータウン的な価値を期待するのではなく、歩道はないけど車どおりが少ないとか、安全に歩ける、といった観点で選ぶことが必要です。

内覧の時にチェックすべきポイントとは - 駅や学校までのアプローチ

また上記に関連しますが、第一種低層住宅地域は少ないので、広々とした庭や景観も期待できません。いまは一戸建てに比べてマンション相場が高いのでお勧めしにくいですが、窓からの景色にこだわるなら、マンションも視野に入れて、いい物件があればという姿勢で臨むのがよさそうです。

ここに注意!物件情報を見極めるための10のポイント - 第一種低層住宅地域

スポンサーリンク

 

まとめ

千代田線をフル活用して、良好な通勤アクセス&充実した週末ライフを送ることができるエリアです。都心の最先端エリアでショッピングや、美術館・博物館、コンサートなどなど、文化活動が好きなら検討してみる価値アリです。