イチから始める家探し

街選びから物件選びまで、イチからはじめる家探し奮戦記

世帯年収800万円の夫婦は5000万円の物件を買えるのか?

こんな記事があったのでご紹介。

不動産会社の「大丈夫」が全然大丈夫じゃない件について。 | 中嶋よしふみ

先日住宅購入の相談に訪れたご夫婦は住宅購入を検討していた。予算は4000万円ほどで、首都圏でマンション購入の予算としては平均よりやや高めの数字だろう。

(中略)

ご夫婦から聞いた話では、不動産会社が提供する無料相談や営業マンのアドバイスではほぼ例外なく予算の増額を勧められたという。理想は4000万円以下、高くても4500万円程度で考えていたが、5000万円でも大丈夫とあちこちで太鼓判を押されたという。

年齢は夫婦とも40歳、世帯年収は800万円で貯金も1500万円と、確かに5000万円の物件を買うには十分な収入と貯金がある。1000万円も上乗せすればグレードは上がり、かなり便利な場所に買う事も可能になる。買えるものなら買いたいと思うのも当然だろう。

収入に占める返済の割合、いわゆる返済比率を5000万円の物件で計算しても、返済額の目安となる上限の35%を大きく下回る。さて、では本当に大丈夫なのだろうか。しっかり計算してみると全く大丈夫ではない事が分かる。

 感覚的には、世帯年収800万だと予算4000万くらいはよくある話なんじゃないかなと。でも自分の感覚だとかなり予算オーバー。

家を買うだけなら良いかもですが、うちの場合は幼児2人なので、私立に行くとか言い出したらまだまだお金かかりますし、そもそも自分自身、そのうちサラリーマンをやめて自営業になる!とか考えてるくらいですから。

自分から辞めなくても、なんやかんやで退職に追い込まれる可能性だってゼロじゃないし、メンタルがやられることだって10年後にはあるかもしれない。そういうリスクを無視してそんな負債抱えられないっす。

f:id:chromebook:20120930122520j:plain

 

我が家のプロフィールはこんな感じなのですが、予算は3000万としています。先の記事の例よりスペックはいいと思いますが、予算は保守的。なぜかというと、先日も書きましたが、収入で家の予算を決めてしまってる人結構いるんじゃないかなと思うわけです。年収800万円だから予算は4000万とか。

スポンサーリンク

 

こういうのってなんか日本人に染み付いた固定概念な気がするんですけど、もう高度成長期でも無いですし、年収も年功序列で上がっていくわけでもなし、そもそも終身雇用ですら無い。そういう状況の中で、サラリーマンをずっと続けたくても続けられないかもしれない。安定した収入など保証されるべくもないわけで。

上の記事の例もそうですよね。安定収入があるという前提で、年収800万で5000万の家が買えるから買おうとするっていう。

いまの年収からめいっぱい上限の予算で家を探すという固定概念は、危険な幻想なんだということをよく理解すべきだと感じました。