読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イチから始める家探し

街選びから物件選びまで、イチからはじめる家探し奮戦記

【街探し】 首都圏で地価が上がりそうなエリアはここ 【鉄道計画】

鉄道の乗り入れや接続計画で地価が上がる

街探しを始めたとき、将来値上がりしそうなエリアがあればいいなと思いました。将来発展して地価が上がるかも!という下心です(汗)。

ただウチの場合は予算が限られている(3000万円)ので、将来性があっても現時点ですでに高いところは買えません。 そこで、鉄道の路線計画に目をつけました。都心への乗り入れ接続によってアクセスが改善すると地価がグッと上がることがありますよね。たとえば武蔵小杉とか典型的な事例だと思います。

注目は相鉄線沿線エリア

いま注目なのは相鉄線エリア。東急線(東横線と目黒線)と、JR湘南新宿ラインへの乗り入れが決まっています(2018年から2019年)。

相鉄線は横浜駅につながっているので、都心方面へのアクセスはいまいちですが(横浜駅での乗り換えがタイヘン)、東急東横線に接続して渋谷方面、東急目黒線で目黒方面、JR湘南新宿ラインで新宿方面にも直通するようになります。

これによって都心方面へのアクセスが劇的に向上するので、神奈川のローカル線という位置づけで、今は買いやすい相鉄線沿線エリアの値上がりはほぼ間違いないでしょう。

スポンサーリンク
 

東京上野ラインも注目

次は東京上野ライン。これは東北本線(宇都宮線・高崎線)と常磐線が東海道線とつながるもので、宇都宮・高崎・茨城方面から、東京駅を経由して横浜方面に直通するものです。 これによって、宇都宮線・常磐線エリアから、東京駅・新橋駅・品川駅へのアクセスが改善されます。これも期待できそうです。

そのほかの接続・延伸・新駅計画

そのほかまだ計画段階のものとしては、小田急多摩線の終点である唐木田駅から延伸し、JR横浜線相模原駅に接続し、町田駅まで直通する計画や、

相鉄いずみ野線の終点である湘南台駅から延伸し、慶應湘南藤沢キャンパスを通ってJR東海道線の平塚駅まで延ばす計画もあるようです。このあたりも狙っている人にとっては要注目ですね。

あとは、リニア新駅ができる橋本駅でしょうかね。まだ10年以上先の話ですが、すでに駅チカには高層マンションがいくつか建っていますし、不動産の営業さんによると、すでに値上がり傾向だそうです。

それからまだまだ未確定な計画ですが、ブルーラインの伸延計画がありますよね。あざみ野から新百合ヶ丘までをつなぐもので、調査が始まったところです。実現すれば、おそらく美しが丘を通って水沢、王禅寺、山口台、新百合ヶ丘というルートでしょうか。キレイに区画整理されたニュータウンなので魅力的です。すでにけっこういい値段がしますけどね(山口台はもう超高級なエリアですし)。