イチから始める家探し

街選びから物件選びまで、イチからはじめる家探し奮戦記

【街探し】【路線から探す】 埼玉高速鉄道編 - 新井宿駅より北側が好印象

ということで、路線ごとに一駅づつ足を運んで、街の雰囲気をつかむことから始めました。最初は、手が届きやすそうな埼玉エリアの新しい路線、埼玉高速鉄道からです。

新規路線ならではのクリーンな街並みを期待していたら…

埼玉高速鉄道は、地下鉄の南北線に接続していて、都内北部から西部にアクセスのいい路線です。しかもわりと新設路線なので、開発が進行中で広々とした街なんじゃないかと期待して見に行きました。

まずは起点である赤羽岩淵駅からですが…街の雰囲気が想像していたのと違います。赤羽岩淵駅は都市部と住宅地の境目といった感じで、ファミリーというよりは独身者向けのマンションが多く、街の作りも多少ビジーな感じ。

鳩ヶ谷も古い感じの住宅地

もう少し北上して、川口元郷駅から南鳩ヶ谷駅、鳩ヶ谷駅、このあたりもイメージと違いました。川口、鳩ヶ谷はもともと昔からの住宅地で、古い感じの細かい区画が続いています。新しい路線だからと期待していたのですが、広々としているわけでもなく、街の雰囲気もあまりこれといった特徴がありませんでした。

スポンサーリンク
 

新井宿からはイメージに近くなってきた

さらにその北側、新井宿駅の一部、戸塚安行駅、東川口駅あたりが、割と区画が広めの整理された住宅地で、このエリアが家族で暮らすにはいちばんゆったりできると思いました。東川口には駅前にこぢんまりした街がありました。

ただ、あえて言うとあまり開発が進みそうな雰囲気がなく、活気があるというよりはひっそりとした街で、これから伸びる街というよりは、すでに宅地化も終わり、落ち着いた雰囲気です。

浦和美園のシムシティー感ハンパない

ところが、埼玉高速鉄道の終点である浦和美園は、それまでとは全然違う雰囲気でした。いままさに、絶賛開発中という駅です。 駅チカに超巨大なイオンモールがあって、その周りを新しい大型マンション、一戸建ての分譲地が囲んでいて、まっさらな平地に街を一気に作っている雰囲気。シムシティーのリアル版といった様相です。

新興住宅地なので、お店といえば商業施設やロードサイドのチェーンである程度画一化されるのは仕方ないのですが、それにしても浦和美園は極端。深みがないというと怒られますが、非常に商業ベースで作られた街という印象を受けました。まあ、これからということなんでうけどね。

また、あとで知ったことですが、さいたまスタジアムの最寄り駅でもあるらしく、コンサートやスポーツイベントがあるとものすごい人が押し寄せるという話です。

まとめ:戸塚安行が気に入った

以上まとめると、埼玉高速鉄道の駅は全体的に平坦なのでアプローチがよく、比較的住みやすい街が多いですが、あまり活気が無い。浦和美園だけが雰囲気が随分違っていて、今まさに街を作っているところです。

独断と偏見では、戸塚安行駅周辺の住宅街、戸塚や長蔵の街並みに好感を持ちました。整理された住宅街、区画や道路も広めで狭苦しくなく、平坦でいい住宅街です。

こちらの記事もどうぞ