読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イチから始める家探し

街選びから物件選びまで、イチからはじめる家探し奮戦記

【一戸建て】 新築のほうが中古住宅より安くなる理由

f:id:chromebook:20160715210748j:plain

中古より新築のほうが安い

一戸建ての物件を買おうかなと思って調べ始めて、割とすぐに気づいたんですが、中古の一戸建てってあんまり安くないよね、というかむしろ新築のほうが安いんじゃないか、ということ。

なぜこんな逆転現象が起きるのか。先日のエントリーでも書いたとおり、いまは新築の一戸建てがマスプロダクト化しており、空前の安売り時代なんですね。


【一戸建て】 パワービルダー全盛のいま、一戸建てをどう買う? - イチから始める家探し

 

中古の一戸建てが高いのはワケがある

中古の一戸建てはなぜ値段が下がらないのか。そんな疑問を不動産の営業さんに聞いてみました。そうして分かった、中古一戸建ての値段が下らない理由とは。

いろんな不動産屋さんの話を総合してみると、まず分かったのは、中古の一戸建ての価格は、売れる値段ではなく、売りたい値段がついているということ。

例えば住み替えの場合。ローンが残っていたりすると、それをキレイにして新しい家に移りたいと思うのが人情ですよね。となると、ローンの残債を解消できるだけの値段が付けられる。その結果、市場価値より高い値段になってしまうことがあるようです。中古住宅は売主が個人なので、市場のルールとは無関係に価格が付けられることが往々にしてあるようです。

次のケースは、金利が高い時代に買った家の場合。金利が高いと元金の返済が進まず、築年数が古くてもまだまだローンの残債が残っていたりする。そうなると悲惨で、残債はキレイにしたい、でも売れない、という状況に陥ってしまうと。中には、売れない価格で頑張り続けて、何年も売りに出されているオバケ物件もあるとのこと。

あるいは、元々買った値段が高かった場合。5000万で買ったんだからせめて3500万くらいで売りたい、といったケースです。パワービルダー時代以前は、みんなハウスメーカーや工務店の物件を買っていたわけで、そりゃパワービルダーのものより高かったはずです。

今時はパワービルダーのおかげで新築が安く買える時代になっているにもかかわらず、中古住宅のオーナーは基本的には個人なので、経済原理だけでなく上記のような事情で市場価格から外れているものも数多いわけです。

スポンサーリンク

 

逆に割安な中古物件とは

では逆に、お買い得な中古物件とは何か。相続で売りに出されるケースだそうです。売り手としては、親から相続した物件なので、ローンの残債とか買った時の価格とかは関係なく、早めに現金化したいという思惑が働くので、不動産屋さんまかせですぐに資産化できる価格で出てくるケースが多いそうです。

あとは言わずもがな、競売物件ですね。これはもう激安です。ただ、競売物件ならではのデメリットが多く、また聞いた話では、生活が荒れている人が多いので家の状態が良くないことが多いそうです。

狙い目はズバリ、築10年前後の大手ハウスメーカー施工

まとめると、中古物件(特に築浅)は新築の一戸建てより割高になるケースがままあり、よく見極める必要がある。逆にローンの残債が無いもの、早く売りたい事情があるものは中古ならではの価格で手に入れられることもあると。

これらをふまえて、ローン残債がだいぶ解消していると思われる築10年から20年あたりの大手ハウスメーカーの中古一戸建て注文住宅、この辺が狙い目ですね。いい物件を見つけて、きっちりリフォームすると、結果的にいいモノを手に入れることができそうです。