イチから始める家探し

街選びから物件選びまで、イチからはじめる家探し奮戦記

【新築一戸建て】パワービルダーの一戸建ての原価は?

パワービルダーの特徴とは

自分で注文住宅を建てるとなると、最低でも1,500万はかかると言いますが、じゃあ新築で売られている大量の建売り一戸建て、いわゆるパワービルダーの新築一戸建てですね。あれの原価はどうなっているかというと…

例えばこんな物件。パワービルダーの典型例です。

f:id:chromebook:20141008220519p:plain

テンプレート化された間取り、網戸の付いていないサッシ(もちろんコストダウンのため)などが特徴です。

90平米なので、注文住宅だと坪単価40万に抑えても1300万くらい、加えて外構やガス管水道管工事で200万、合わせて1500万円はしますが、これパワービルダーが作ると…余裕で1000万以下、だいたい800万円くらいが実際の原価だそうです。

パワービルダーは安かろう悪かろう、ではない。安く出来る理由とは

ですが、その分品質も低いかというとそうでもない。安く作れる理由は、間取りのテンプレート化、工場で建材のプレカットによる工期短縮、大量仕入れ大量販売によるスケールメリットです。

確かに、4棟現場とかよくありますけど、これまでは地場の工務店が個別に独自に仕入れて分譲していたところ、中小のハウスメーカーが合従連合したパワービルダーが、細かい土地も仕入れて分譲もマスプロダクト化し、コストダウンを実現した、ということですね。

スポンサーリンク

 

実物を見ると確かに、あまりいいモノ感はしませんが、パーツが安めのものを使っているからで、躯体そのものは工業製品としてある程度信頼できるものではある、といえるわけで、一概に忌避するものでもありません。

上記の物件で言うと、同じ土地に、同じ建物を注文住宅で建てようとしても高くなっちゃいますし、逆に割安感があるからといっても、パワービルダーは安く建てられるわけですから、利幅はきっちり確保されているということですね。

ともあれ、そこそこの品質で安い戸建が大量に供給されているわけで、消費者としては選択肢が増えて望ましい状況とは言えると思います。