イチから始める家探し

街選びから物件選びまで、イチからはじめる家探し奮戦記

【注文住宅】 中小から大手まで、ハウスメーカー/工務店の坪単価の相場比較

住宅展示場に行ってみた

注文住宅を建てるなら、まずは住宅展示場に行くといろいろ捗るよ、ということに今まで気付かなかったわけです。縁がなかったので、あまり気にもとめなかったのですが、あれってハウスメーカーのモデルハウスが並んでる展示場なわけですよ。って当たり前といえば当たり前なんですが。

私は横浜港北エリア在住なので、たまプラーザの裏口にある展示場か、ブルーライン中山駅の近くにハウスクエア横浜がありますが、SUUMOカウンターがあるハウスクエア横浜に行ってみました。最寄りはコチラで探せますね。


スーモカウンターで新築マンション・注文住宅など家探し

SUUMOカウンターとは何かというと、まあ言ってみればハウスメーカー紹介所ですね。スーモカウンター側としては、お客さんの相談役としてコンサルしますよ、という体で、実はハウスメーカーにお客さんを紹介して紹介料を取るってビジネスですね。まあでも、広く情報収集するなら第三者からいろいろ聞けるのはメリットです。

注文住宅の坪単価とは

ということで、ハウスメーカーを紹介して貰う前に、注文住宅のいろはを聞きました。わかったことは以下。

・注文住宅は、だいたい坪単価40万から70万。
・地元の工務店が40万、中規模ハウスメーカー50-60万、大手ハウスメーカー 70万
・ほかに付帯工事費が15-20%。電気、水回り、ガス、証明、外構造園など。200-600万円
・つまり100平米くらいの家で、最低でも40万X30坪+200万=1400万円はかかる

ということですね。良い土地が見つかれば、目標の3000万円で収まる可能性も若干ありそう。パワービルダーの同じ間取りの新築戸建でも、まあ3000万くらいはするわけですから、そう考えると注文住宅も、高いイメージがありましたが意外とお買い得かもしれません。

スポンサーリンク

 

築浅の大手ハウスメーカー物件はコスパ抜群

でもでも、もう一つの考え方として、中古の大手ハウスメーカーの家を探すという選択肢もありますな。中小の安価な工務店や、それ以下の坪単価のパワービルダーに比べて、大手ハウスメーカーの施工した建物は、倍くらいカネがかかっているということです。建物だけで2000万円くらいは豪華になっていると。

中古で買えばそんなに差はないですから、築浅の大手ハウスメーカー施工を探すのが、コスパという面ではいちばん賢い買い方かもしれません。

激安のハウスメーカーは

テレビCMでときどき見かける激安ハウスメーカーありますよね。タマホームとかアイフルホームとか。坪単価25万とか30万という謳い文句ですが、これ実際聞いてみると、ほんとにミニマムな仕様なんですね。

注文住宅とはいえ、決められた間取りのパターンから選ぶとそれ以上はあまり変えられないし(変えるとコストアップという罠)、もちろん雨戸はなし、網戸もなし、サッシもいまどき二重ガラスじゃなかったりします。

これだけミニマムだと、パワービルダーの建売一戸建てのほうが全然良い仕様なわけです。パワービルダーの一戸建てはフラット35対応がマストなんですが、フラット35の建築要件は結構厳しいのです。(なぜパワービルダーの一戸建てがフラット35対応マストなのかは後日…)

そしてパワービルダーの一戸建ては坪単価に換算すると超絶安くて、坪単価30万を切ってしまうと。つまり、同じ坪単価で仕様はだいぶ違う(パワービルダーの方がいい)ということになります。